ママと赤ちゃん

CONTENTS

ベビーチェアの選び方のコツ

赤ちゃんがしっかり座れるようになって離乳食が始まるとベビーチェアが大活躍します。ベビーチェアにもハイチェアとローチェアの二種類がありますが、どちらが良いかはその家の家具のレイアウトや使用している家具の種類にもよります。食卓が座卓形式でしたらローチェアがおすすめですが、普通のダイニングテーブルを使用しているのなら、当然ハイチェアが便利になってきます。
本来でしたら両方のタイプを揃えたほうが、テーブルでもコタツでもどんなシチュエーションでも便利なのですが、リビングルームやダイニングルームの広さが限られているとなるとやはりどちらかに絞らないといけませんね。コンビやアプリかからは、ベビーチェアの高さがハイにもローにも調節可能なものがあります。このタイプですと一台用意しておけばどんな高さにでもぴったり合わせられるので大変便利ですから選択肢の一つとして考慮してみるのも良いかもしれません。
いずれにしてもベビーチェアを使用する期間は1、2年ぐらいまでというのが標準的ですから、あまり高額なものを買う必要はないと考えるご両親もいるでしょう。そういう場合にはレンタルサービスの利用も必要期間だけ借りるので経済的ですのでおすすめです。

ベビーチェアの選び方について

ベビーチェアは今では様々な種類のものがありますが、節約志向の世の中という事もあり節約志向のママも増えていますし、せっかく購入するなら長く使う事ができて便利な物が良いという人は多いと思います。
ベビーチェアを選ぶにあたって1つの基準としては、何人子供を希望しているかという事だと思います。1人目の時だと危険と感じなかった事や、便利だと思っていても、いざ2人目の時に使おうとしたら危なくて使う事ができないという状況になる事も多々あります。ベビーチェアでいうのであれば、2人以上の子供を希望しているのであればハイチェアを選んだ方が2人目の子供が生まれた時に上の子供に赤ちゃんを踏まれたり乗られたりするような危険がないため非常におすすめです。
最近ではローチェアとハイチェア切り替えができるベビーチェアもあり、用途や状況に合わせて高さを変える事ができるため非常に便利だと思います。中には机もついていて、背もたれをおこす事によって椅子としても利用できるため、離乳食が始まっても使用する事ができますので便利です。
さらにおすすめのものとしては、最近ではベビーチェアに自動に揺らす事ができる機能のついたものもあります。ママが抱っこをしていておろした途端に泣くので家事ができないという話もよく聞きますし、この機能がある事で家事などもしやすいというママも多いです。

ベビーチェアは耐久性を重要視すべき

ベビーチェアを初めて購入する人が勘違いしがちなことがあります。それはベビーチェアを使う時期が極めて限られているという考えです。彼らはベビーという名前が頭に付いていることから、ベビーチェアを赤ちゃんしか使わないものだと考えています。しかし、その認識は大きな間違いです。ベビーチェアは5歳ぐらいの幼児であっても使用します。ベビーチェアを使い始める時期が生後6ヶ月ごろなので、合計すると5年ほど使用し続けるということです。
引越しやテーブルの買い替えがなければ、ベビーチェアの買い替えを行うことはまずありません。よって、購入するベビーチェアは耐久性に優れたものを選ぶべきだと言えます。頑丈さで定評のあるベビーチェアを選択すれば、経年劣化のリスクが解消するからです。ベビーチェアが経年劣化してしまえば、利用する赤ちゃんの安全が脅かされます。
頑丈さに注目してベビーチェアを選ぶ時に注意しなければならないのは、耐久荷重限界という項目です。耐久荷重限界がどれだけ大きい値でも、経年劣化とはあまり関係ありません。経年劣化の進みは用いられている素材や構造に大きく左右されます。よって、メーカーの発表している耐久荷重限界の項目よりも、実際に利用した人の口コミ情報を見るべきです。口コミ情報で耐久性の面が指摘されていなければ、頑丈なベビーチェアであることは期待できます。


赤ちゃんを快適かつ安全に座らせるためにも、ベビーチェアの通販は大和屋が人気です!耐久性を重視して選ぶようにしましょう。最初にかかる費用は少し高いかもしれませんが、耐久性があれば長持ちもしますし、なにより赤ちゃんの安全を確保するには見逃せないポイントです。低品質なベビーチェアで赤ちゃんを危険な目に遭わせないためにも、慎重な判断でベビーチェアを選ぶようにしていきましょう。

CHOICES POST

多機能のベビーチェア

赤ちゃんが産まれるとそれまでの生活とは一変します。それに伴い、部屋の中も赤ちゃんグッズでいっぱいになってしまいます。ベビーベッドや布団、おもちゃは産まれて…

TOP