ママと赤ちゃん

高さで選ぶベビーチェアの勧め

足

ベビーチェアにはハイチェアとローチェアの二つのタイプがあります。ハイチェアというのがダイニングテーブルでの食事に使える高さのあるチェアのことで、その逆の低いタイプのチェアのことをローチェアといいます。
ハイチェアは長く使用できる、高さ調節のできるタイプのチェアが人気で、子供とともに成長できる椅子という売り文句の元、数多くのチェアが販売されています。その他には転倒防止の技巧が凝らされた安全性の高いものや、コンパクトに折り畳みができる品など、商品によってもチェアの特徴は様々に見られます。
ローチェアは遊んだり食事をしたりというのに便利なテーブル付きのタイプが人気で、こちらは赤ちゃんから幼児までの使用と割り切った、デザインまで可愛らしく工夫された品がずらりと揃います。木製に布製、プラスチック製にパイプ椅子と材質も幅広く、家の中のインテリアに合わせた選択を行うことも可能です。
チェアとして完全に個別化された商品ももちろん存在しますが、対してテーブルチェアと表現されるようなテーブルが付属品の枠を超えチェアと一体化したタイプの商品もあり、子供が楽に座り、快適に食事をしたり作業したりと励むための工夫がそこには取り入れられています。

CHOICES POST

多機能のベビーチェア

赤ちゃんが産まれるとそれまでの生活とは一変します。それに伴い、部屋の中も赤ちゃんグッズでいっぱいになってしまいます。ベビーベッドや布団、おもちゃは産まれて…

TOP